心理カウンセリングの現状

心理カウンセラー 今の状況

 

皆さんもご存じだと思いますが、日本でのカウンセリングは心が病んでいる人が受けるものというイメージが強いですよね。

アメリカではカウンセリングへの意識が全然違い、病を治すために受けるのではなく、「心を整える」ために気楽に受ける人が多いのが現状です。

アメリカでは心理カウンセリングにも保険適用になりますが、日本では医師が臨床心理士の資格を持っている場合は保険適用になります。

 

僕が実際に、母親と父親の重度のがん治療の際にも経験したのですが、信頼できる医師・先生でも十分に時間を使い、カウンセリングまでしてくれる人はいませんでした。

別にカウンセラーはいましたが、居たり居なかったりと深い相談はできないのが現状で、忙しさのせいかホスピタリティ精神はあまり感じられない印象が残っています。

常に人手不足で忙しく、時間や組織の慣習に縛られている、日本の医療は現実的に仕方がないのかとも思いました。このような寂しい思い出もあります。

 

カウンセリング保険適用 

アメリカでは基本的にはカウンセリングには保険が適用されます。これがアメリカで気軽にカウンセリングが受けられる理由の1つだと思います。

例えば、日本では保険適用外のカウンセリングとなると、1時間 数千円~1万円前後、有名な先生なら数万~数十万と幅広いが相場ですが、これが2,000~3,000円程度になるのはとても大きいです。

 

心理カウンセラー資格について

心理カウンセラー資格については、アメリカの方が日本より地位が確立されています。日本では現在すべての心理資格は民間資格です。今後ようやく、国家資格の公認心理師法が施行されますが、アメリカでは州毎に州立資格として制定されています。

 

厚生労働省の公認心理師法

平成27年9月9日に議員立法により成立し、9月16日に公布されました。公認心理師法は、一部の規定を除き、公布の日から起算して2年を超えない範囲内において政令で定める日から施行されることとなっており、平成29年9月15日までに施行される予定です。

第1回国家試験は、平成30年までに実施する予定です。

となっています。何れにしても心理カウンセラーがアメリカのように身近に感じるのも、まだまだ先になると推測が出来ますよね。

 

心理カウンセリングに関する資格は無数にあります。

国家資格がないからこそ、一線で活躍しているカウンセラーが民間団体を立ち上げ独自の認定制度を作った経緯もあります。民間資格だとしても、一定の知識・スキルを学ぶ事で、カウンセラーとしての地位を確立してきました。

それ以外の第一線の方々の中には、簡単な電話相談から、心や悩みの専門家・独自な占い・スピリチュアル・特殊能力・自己啓発等、無資格で活躍されている優秀な方々も沢山いるのも現実です。

このような現実から、心理カウンセラー有資格者を選ぶのか? 経験を重視するのか?長く付き合うなら人間性重視か? 個人の能力重視か? 選ぶ側の選択幅・価値観も今後分かれて行きますよね。